So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ソネフォト難民 [日記]

しばらくソネフォトにアクセスしていなかったのですが、10日ぶりにPCのメールを見たら「So-net Photoサービス終了のお知らせ」なるメールが来ていてびっくり(@@

うーん、どこに引っ越そうか悩んでます。。。。

ものつくり敗戦―「匠の呪縛」が日本を衰退させる [書評]

日本が何故IT技術で米国に大きく遅れをとっているかの謎に迫る本でした。
その話はその話で面白かったのですが、この本は太平洋戦争まで話が
遡ってまして、日本が太平洋戦争に負けたのは「最終的に技術で負けた」と
書かれてまして、それを読んで今まで腑に落ちなかった疑問が氷解した気がしました。

子供の頃、ゼロ戦はすごい戦闘機だって本を見て知ってたのですが、この本によると
ゼロ戦が強かったのは海戦から半年位で、その後はゼロ戦の弱点を突く戦闘法と、
馬力も装甲も段違いな米国の戦闘機との戦いでひどく苦戦したとの事です。
著者はゼロ戦の完成度が高すぎて(匠の技です)更なる改修ができなかったこと、そもそも
日本で生産できるエンジンの馬力がアメリカのそれの1/3程度しかなかった、製造に匠の技術を
持ち込んだ為に製造部品の規格化がうまくいかず最終的な摺り合わせの技が必要だった事など、
色々な面で技術的に日本は劣っていたと書いてらっしゃいました。
後はレーダーの技術力の差が圧倒的だったのも日本にとっては厳しかったようです。

人それぞれ意見や考えがあると思うので見方は色々だと思いますが、技術者として言えば、
子供の頃から思い込んでいた「日本は技術があったが米国の物量に負けた」というのは
ちょっと違っていたんだなあと思いました。正しくは「日本にも優れた技術分野もあったが、
総合的に見て米国の技術には敵わなかった」ってところなのかなぁと思いました。


ものつくり敗戦―「匠の呪縛」が日本を衰退させる (日経プレミアシリーズ)

ものつくり敗戦―「匠の呪縛」が日本を衰退させる (日経プレミアシリーズ)

  • 作者: 木村 英紀
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 新書



経済は感情で動く [書評]

経済の本だと思って借りたのですが、脳科学の本でした。
どこも面白かったのですが、経済感覚が感情に左右される
例として、以下のような設問がありました。

1) 50%の確率で2000円もらえる
2) 20%の確率で3000円もらえる

この場合、期待値から1)を選ぶ人が多いのですが、
次の質問になると選び方が普通の経済観念から
離れてしまうそうです。

1) 5000円確実にもらえる
2) 50%の確率で20000円もらえる

期待値だったら2)が断然いいんですが、「確実に」と
いう条件がつくともう経済的判断を乱すようです。

そういう話がいっぱい書いてありました。
面白かったです。[わーい(嬉しい顔)]


経済は感情で動く―― はじめての行動経済学

経済は感情で動く―― はじめての行動経済学

  • 作者: マッテオ モッテルリーニ
  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • 発売日: 2008/04/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



タグ:脳科学

マメ度 [万評]

先日、so-netブログのブログレポートが送られてきました。
普段は内容をまったく読まずに既読にしてしまうのですが、
何となく読んでみたら5段階評価の成績が書かれていて、
マメ度 1、フレンドリー度 2。でした[たらーっ(汗)]

そういえば今年の2月から何の記事も書いてないかも。

タグ:マメ度

亡国マンション [書評]

日本の住宅政策、特にマンションについての問題点とその解決策を
提示している本でした。

基本的に日本の建設基準法は最低限の基準しか示しておらず、それを
満たしている=いつまでも住める住宅ではないという事です。

建築基準法の元々の経緯が戦後焼け野原になった都市部にいかに安く
早く住宅を提供するかと言うところに主眼が置かれていた為なのか、比較的
あまい基準を採用しているようです。

著者のコメントは日本の住宅政策への批判へと展開し、最終的に「じゃあ、
どんなマンションに住めばいいの?」という問いへの答えは「SI(スケルトンインフィル)マンション」だ
という事でした。マンションのパーツの中で最も耐久性が低い(寿命35年)を如何に容易に交換
するようにできるかを配慮した構造になっているようです。

ちなみに、SIマンションをネットで探してみましたが、神奈川中部では中々見つかりませんでした。。。
東京や神奈川の横浜近辺では結構あるみたいですが、とてもとても手が届かない値段ですね。。。


亡国マンション The Truth of Defective Condominiums (光文社ペーパーバックス)

亡国マンション The Truth of Defective Condominiums (光文社ペーパーバックス)

  • 作者: 平松 朝彦
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2006/01/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



虚妄の成果主義 [書評]

この不況の折、会社の経営者の皆様には是非これを読んで
いただきたいと思いました。最近テレビでも「景気が悪くなったから
解雇」みたいな軽いノリで従業員を解雇する企業が多々報道されて
いますが、そういうのは駄目という事が書いてある本です。

著者は日本型年功制がとても大事だと書いてました。日本型年功制とは
・仕事の成果には新しい仕事に報いる
・給料はみなが生活に困らない程度で年齢によってだいたいみんな一緒
というところだそうです。結局従業員が仕事に集中できる環境を提供できる
のが日本型年功制の良いところだそうです。
確かに一時期盛んに導入された成果主義だと、基準は不明ですが何か
頑張ると給料が増えて、結果がでなければ給料が減って、景気が悪く
なれば解雇、みたいな。そんな制度じゃ心置きなく働けないですよね。

著者はまた正社員として雇用する事の重要性を述べていました。確かに
正社員として雇った人が成長していくと言う事は会社も成長しているって
事ですから。最近多い「コストが安く済むから派遣」みたいな風潮って
どうなのかなって思います。確かに教育の手間は省けるのかもしれませんが、
たとえ仕事の成果という結果は出たとしても、その成果を出せる人材の育成は
0ですから、会社としての将来には±0、むしろマーイぐらいな気がします。

最近アメリカのBIG3が従業員を大量に解雇するとか言って話題になってますが、
この本を読んだ後だと「やっぱりアメリカ式の成果主義って駄目なんじゃないかな」って
思うようになりました。


虚妄の成果主義―日本型年功制復活のススメ

虚妄の成果主義―日本型年功制復活のススメ

  • 作者: 高橋 伸夫
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2004/01
  • メディア: 単行本



ペンギンの足はなぜ凍らないの? [書評]

この本もタイトルに惹かれて借りてみたのですが、内容はトリヴィアでした。
それも日本のトリヴィアの様に一つのお題に一つの答えではなく、一つの
お題に答えが4つも5つも6つも7つも出てきて。。。
この本もペンギンにたどり着く前に挫折。。。。


ペンギンの足はなぜ凍らないの?―脳細胞がワクワクする雑学の本

ペンギンの足はなぜ凍らないの?―脳細胞がワクワクする雑学の本

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2007/09
  • メディア: 単行本



2億年前ハワイから月が飛び出した [書評]

なんだか魅力的なタイトルだったので思わず図書館で借りて
しまったのですが、ちょっと読んだ感じどうも科学的に何も根拠のない
仮説がたくさん出てきて、不思議だなーと思って表紙を見たところ
「地球推理学」って書いてあって、あれれー、この本は科学の本では
ないのかーとがっかりしてほとんど読めなかったです。

ハワイが飛び出したところはどういう仮説でそういう話に持っていくのか
読んでみたかったのですが、その手前で推理三昧な内容に耐えられなくて
挫折しました。。。。


2億年前ハワイから月が飛び出した

2億年前ハワイから月が飛び出した

  • 作者: クロフツ 断腸
  • 出版社/メーカー: 京成社
  • 発売日: 2002/07
  • メディア: 単行本



奇跡 [ジェフ千葉]

PICT0003s.jpg

残留を賭けた最終戦をフクアリまで観に行きました。
ジェフは17位、上のチームはヴェルディとジュビロで勝ち点差が2。

引き分け以下なら降格決定。
勝ってもヴェルディとジュビロが共に引き分け以上なら降格という
厳しい状況。
ジェフは日本リーグの古河電工時代から二部落ちを一度もした事が
ない唯一のチーム。さすがに今回は厳しいかなって思ってました。

試合は序盤から圧倒的にFC東京のペース。
巻や坂本隊長も頑張っていましたが、スタメンもいつもと
大きく変えたジェフは中盤でパスがつながらない場面が目立ち
ました。
右サイドでは前の試合で調子がよかったレイナウドが頑張って
いましたが、FC東京の長友のディフェンスが強くて中々チャンスを
作れない状況が続きました。

巻

坂本隊長

前半にコーナーキックからFC東京に先制されてハーフタイムに突入。
「FC東京戦は何か起こることが多いからもしかしたら後半に逆転できるかも」と
話しながらハーフタイムのトイレを済ませて後半突入。

ジェフは後半、戦術を変えて左サイドからの攻めも使うようになりました。
でもやっぱりFC東京のペースは変わらず、さらに追加点を取られて
0-2になってしまいます。ジェフは選手を替えて攻めるも、後半も
30分近くまで、点が取れずに来てしまいました。

さすがにもうだめかもって思ったとき、ほんの一瞬の間を突いて相手ディフェンスの
裏に新居が抜け出してゴール。その数分後に巻のトラップを谷澤が決めて同点。
この辺りから見てる方は訳分からなくなってて、後の情報はスポーツニュースで
知ったことを書きますが、その後なんだか分からないうちにレイナウドが倒されて
PKをゲット。PKをレイナウドが決めてついに逆転。
こうなるとFC東京も前がかりになってきて、でもジェフは同点に追いつかれたら降格。
なんとしても点を取られる訳にはいきません。頑張るジェフイレブン。もう訳分からない
状態で応援していたら、ふとした隙に谷澤がディフェンスラインの裏を抜けてパスを
受け独走。4点目をゲットーーー!!!!
でもロスタイムは4分。みんな全力で守る!!
そしてホイッスル[手(グー)]

これで最低条件の勝利を手にしました。

逆転勝ち

後は他チームの結果待ち。オーロラビジョンにヴェルディvsフロンターレの中継が映し出され、
フロンターレの勝利が決まりました!!これで自動降格はなくなりました。

そのあと谷澤のヒーローインタビューが始まります。
インタビューの途中で情報が入ったらしく、インタビュアーがジュビロが
負けた事を告げました[exclamation×2]
これでJ1残留決定!!!!!

このあたりで叫びすぎて声がでなくなってました。
思考もずーっと停止したまま。

残留決定!

最後に球団社長と巻、下村の挨拶がありました。
巻は挨拶の間も泣きっぱなしでした。こっちもつられて涙が
でそうになりました。

帰りの電車で近くに座ってたFC東京のサポーターが「ジェフサポーター、ちょっと喜びすぎ
だよなー。腹立つー」って怒ってました。ごめんなさい。ほんとに嬉しかったもので。。。
でも残留できてよかったです。

ナビスコの優勝の時も興奮しましたが、今までで今日の試合が一番興奮しました。
帰ってからスーパーサッカー見ましたが、思い出してまた泣きそうに。。。

いやー、いい試合でした。ありがとうございました。
タグ:ジェフ千葉

根拠なき熱狂 [書評]

2000年のITバブル全盛の頃に書かれた本です。
著者は過去のデータから90年代から2000年にかけて
おきたITバブル如何に異常な状態なのかを指摘しています。
今だからまさにその通りだったと分かりますが、バブルの最中
著者の言葉にどれだけの人が耳を傾けたかは疑問です。

すごく分厚くて字が小さくて読むのが大変でしたが、著者が
言っていたなかでもっとも印象に残ったのは、「安く買って
高く売る、という方法で儲かるわけがない」、「株式投資は
資産形成には適さない」という言葉です。

結局、株や投資信託をするのって、パチンコや競馬をするのと
変わらないんだなーって言う事が分かりました。
そもそも何も生み出さないところからお金が作れると思うのが
おかしいんですよね。ちょっとだけ勉強になりました。


投機バブル 根拠なき熱狂―アメリカ株式市場、暴落の必然

投機バブル 根拠なき熱狂―アメリカ株式市場、暴落の必然

  • 作者: ロバート・J. シラー
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2001/01
  • メディア: 単行本



前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。